プロフィール

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史

Author:あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次第に違和感が抜けて、視界がはっきりしました【技術伝授感想 目と手の感度アップ】

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


ヒーリングや気功治療をする場合、相手の気(情報状態)を手に取るように把握したり、見たりする確認する能力が磨かれていると便利で、ヒーリング(気功)がやりやすく、かつ楽しくなります。


手と目の感度アップ はその名の通り、手と目による気感(エネルギー状態を感じる感度)をアップさせるヒーリング(気功)技術の伝授です。(遠隔伝授です)


ヒーラーの姿勢と呼吸も改善されるように働きかけていますので、クライエントに影響されにくくなります。ヒーラー自身が気持ちよくいられるので、クライエントも勝手にリラックスするようになります。


ヒーラーとしての能力がアップするだけでなく、チャンスを見逃さず掴み取る能力もアップします。


ある地方でヒーラーのリーダーをされている方からのフィードバックです。


お世話様です

昨日の骨トリのお陰様で?、今日はリアルタイムで体感がありました。

腰椎へスーッと滑り込み椎孔を少~しずつ登って行きました。


後半、右脳と左脳同時に線香花火の光のような微妙な体感がありました。(信号伝達網の確認?)


直後、網膜にジャリジャリ感(眼精疲労の時に感じるアレです)が出て、次第に違和感が抜けて、視界がはっきりしました。(視力が良くなった感じ)


手の感覚は、他の方と同じように上がっています。抜きたまも、しっかりできました。


…眼はまだ実感ないのですが楽しみに研鑽させて戴きます。ありがとうございましたm(_ _)m


「骨トリ」とは、別メニューの骨髄ヒーリング のことです。手と目の感度アップとセットでモニターしていただきました。


「抜きたま」とは、人や物や概念の情報を、「気の球」としてイメージ翻訳し、手にとって確認する基本ヒーリング技術です(はじめてのヒーリング講座 の中で伝授しています。)


通常ここまでリアルな体感を報告される方は少ないのですが、さすがです。こちらが驚くほどの正確さで、働きかけの臨場感を感知されています。


目の感度アップでは、視覚野と体性感覚野の手の触覚をつなぐイメージもお送りしています(情報伝達網の確認?の部分)。


そして見る対象と眼球全体と視神経のつながりをお掃除して開くイメージも送っています(・・・視界が良くなった感じ、までの部分)。


目の感度ですが、手の感度はアップしているようですから、手に取った気の球の触感を、視線で触るようになぞって照合すると、視覚と触覚のリンクが濃くなります(共感覚の生成)。


多くの感覚を動員して、気の状態を認識できると、それだけ働きかける能力(ヒーリング能力)もアップします。


ただ念のため確認しておきますが、所詮、五感も意識も共感覚も、幻想にすぎません。


「私」という存在も「クライエント」という存在も、幻想です。


それは数学での「点」の定義と同じです。点とは、幅のない線が交わりあった交点であり、点には大きさがありません。点は存在しないとも言えないけれど、存在するとも言えないのです。


しかし、その実体のない幻想に「機能」を持たせて、実在するかのように振舞わせることはできます。


ある人は、クライエントとして悩み苦しむ機能(幻想)を振る舞い、ある人は、ヒーラーとしてそれを書き換える機能(幻想)を振舞います。


どちらにしても、その幻想を操る能力に長けている側が支配権・制空権を持ちます。


その「実在感」「臨場感」「機能」(どれも同じことです)の操作能力は、五感や意識を自由に組み合わせたり、分離させたりする共感覚能力によります。


今後、手と目の感度アップは、五感全ての共感覚へとバージョンアップさせる予定ですので、楽しみにしていてください。


渡辺高史


【技術伝授】手と目の感度アップ。 気をもっとリアルに触る。見る。

スポンサーサイト

見えないけど何となく空気の密度が違うように感じるっていうか【手と目の感度アップ 報告】

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


ピアノ講師ヒーラーさんと、ベテラン男性ヒーラーさんから、手と目の感度アップ に関するフィードバックです。


さすがお二人ともベテランさんだけあって、手と目以外の変化にも気づかれています。


伝授によって、手と目以外の全身にも働きかけているのですが、身体はそれにちゃんと反応します。


そういった反応・変化に自分で気づけると、身体に対する意識が高まり、気の臨場感をコントロールする感度と能力がアップします。それはすなわち、ヒーリング能力(夢実現能力)がアップするということです。


なぜならヒーリング(気功)とは、体感を含む五感を共感覚的に使って情報場(臨場感空間)を自由に書き換えることだからです。


共感覚:音を光として感じたり、手触りを匂いとして感じる、など五感をクロスして認識する感覚


以下赤字は美人ピアノ講師ヒーラーさん、青字はベテラン男性ヒーラーさんです。内容が関連しているので一緒にご紹介します。


手の感覚あがってますexclamation ×2


エネ体の弾力(ハリ)を感じる感触が昨日まではフワってしていたのが、今日は弾力を感じます。


心なしか金運が大きくなっているような・・・

手の感覚アップしてますね。


ピアノ講師ヒーラーさんのおっしゃっているように、ふわふわした感じから弾力を感じるようになっています。

昼から肋骨周りに違和感があったのですけど、何か関係あるのでしょうか…

興奮してしまって、お礼言うのを忘れてましたあせあせ(飛び散る汗)ありがとうございますexclamation ×2

目の方ですが、何て説明したらいいのかな~。
何かが見える訳ではないですが、透明だけど、目で感じるっていうか・・・


見えないけど何となく空気の密度が違うように感じるっていうか、とにかく今までとは違う感覚がありますぴかぴか(新しい)


すごいですねexclamation


そういえば私も、ベテラン男性ヒーラー さんと同じような、肺か肋骨?辺りに少し違和感があります

肋骨の違和感。説明しにくいのですけど、肋骨と内部との一体感が減少したような、ツッパッタような感じでした。

1日経って、少し落ち着いたようなきがします。

変化がわかるってとっても大事ですね。 ヒーリングの終わり時がわかるので、自信を持ってエネルギーを使えるようになると思います。


その後、肋骨周辺の件は、姿勢と呼吸のクセ、ということが分かりました。


手と目の感度アップでは、手と目だけでなく、インナーマッスルや他のチャクラにも働きかけて、最適な姿勢になるようにしています。姿勢。呼吸に制限やクセのある方は違和感が一時的にでるようです。


緊張や集中のときこそ、ゆったりと大きな呼吸を意識して、吐く息と一緒に、緊張部位をゆるめてみてください。


無自覚だった呼吸の浅さが意識に上って、もっと気持ちよく深呼吸をしたくなるようになってきた、とも言えますね。


こんにちは。 ありがとうございます。


少し呼吸が浅く、意識して深呼吸をしたくなるような感じがしていました。

今日も、まだ少し浅いかな?という感じもしますが、その前に骨の調整で、いつもより体が楽になっていたので、呼吸もしやすかったと思います。


呼吸に関しては元に戻っただけかもしれないな、と思います。 今日は気になる程の違和感ではないですね。


手の感覚はUPしたままです☆ ありがとうございます♫

確かに、呼吸に意識が向くようになったのかもしれないと思いました。


深呼吸を体がしたがっているような、 前より息がたくさんすえるようになったような 気もします。


手と目の感度アップでは、全身とオーラ全体が開かれたアンテナになり、エネルギー(気の情報)が滞りなく自分を出入りして認識できるように働きかけています。


気の情報を偏りなく感知できつつ悪影響を受けない状態が維持できます(ただ、ゴールが明確でないと、何が重要な情報なのかキャッチできないでしょう。ゴールのない人には、全く意味をなさない技術です)。


同時に姿勢と呼吸が楽になるようにも働きかけているので、リラックスできます。


そのヒーラーの気持ちよい状態が、クライエントや生徒にもうつります。


ゴールにとって重要な情報をキャッチする能力がアップするとともに、自分も相手も一緒にリラックスすることができます。


渡辺高史

【技術伝授】手と目の感度アップ。 気をもっとリアルに触る。見る。

力を抜いてしばらくボーっと見ていると細かな粒子の様なのが見えた気がしたり【手と目の感度】

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


ヒーリングや気功治療をする場合、相手の気(情報状態)を手に取るように把握したり、見たりする確認する能力が磨かれていると便利で、ヒーリング(気功)がやりやすく、かつ楽しくなります。


手と目の感度アップ はその名の通り、手と目による気感(エネルギー状態を感じる感度)をアップさせるヒーリング(気功)技術の伝授です。(遠隔伝授です)


ヒーラーの姿勢と呼吸も改善されるように働きかけていますので、クライエントに影響されにくくなります。ヒーラー自身が気持ちよくいられるので、クライエントも勝手にリラックスするようになります。


ヒーラーとしての能力がアップするだけでなく、チャンスを見逃さず掴み取る能力もアップしますので、人生も変わります。


急成長されている女性ヒーラーさんからのフィードバックです。


渡辺さん 有り難うございました

朝10時過ぎに手が熱くなったので、もしや?と思ったのですが違ったみたい(笑)

で 手の感覚アップしました。


昨夜と今朝の金運エネ体より 少し小さくなった感じですが、密度が上がった感じです。


手の感度をアップさせると、なぜか金運もアップするようです。


金運とは実に曖昧な表現で、よく考えてみると何の事をさしているのかまったく分からりません。


あえて定義してみると「価値ある情報や物を認識し流通させる能力」といえるでしょう。


手と目の感度アップでは、ヒーリングであれば「自分や他人が良い状態になること」にとって、重要な情報を逃さずキャッチできるようになることを目的としています。


その能力を普遍的に使えば、金運がアップしても全く不思議ではありません。


重要なのは、「自分にとって何が重要か?」「どんなゴールを持っているか?」「そのゴールをどれほどの臨場感を持って感じられているか?」ということのほうです。


目は 少し力を抜いてしばらくボーっと見ていると、細かな粒子の様なのが見えた気がしたり、蛍光灯に照らすように見ると 煙のような?もや~っとしたのが見えた気がしたり。

どこまでも あやふやです。
すみません。
研鑽続けます。


通常それくらいの曖昧、あやふやな感じですし、それで充分です。はっきり見えたら幻覚です(笑)。


目の力を抜くというのは重要です。


焦点のあわない、いわゆる「ソフトフォーカス」をします。焦点を集中させず、周辺を見るようにする「周辺視野」です。それはできているようですね。


しっかり見ようとしたら、物体がはっきり見えるだけですから。参考ページ↓


手と目の感度アップ 補講その3 ボンヤリ見えていれば充分


そこまで見えていたら、あとは「気の球」をボンヤリ眺めて見えるものと、それを触った感触と、実物の状態、の3つを順番に感じたり、一緒に感じたりしてみましょう。


そこで感じられるものが、リアルな気感であり、ヒーリングの対象です。


そこに気(ヒーリング)を流せば、変わります。


リラックスしてやれば、すぐに慣れるでしょうから、やっているそばから色や形が変わっていくのが、いずれ分かるようになります。


もっとはっきり分かるようになりたい場合には、「気感を拡張して自覚する」というテクニックを使ってみてください。


参考ページ

手と目の感度アップ 補講その4 気感を誇張して自覚する


渡辺高史


【技術伝授】手と目の感度アップ。 気をもっとリアルに触る。見る。


気は目をつむっていても後ろを向いていても見えます。【手と目の感度アップ 報告】

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


ヒーリングや気功治療をする場合、相手の気(情報状態)を手に取るように把握したり、見たりする確認する能力が磨かれていると便利で、ヒーリング(気功)がやりやすく、かつ楽しくなります。


手と目の感度アップ はその名の通り、手と目による気感(エネルギー状態を感じる感度)をアップさせるヒーリング(気功)技術の伝授です。(遠隔伝授です)


ヒーラーの姿勢と呼吸も改善されるように働きかけていますので、クライエントに影響されにくくなります。ヒーラー自身が気持ちよくいられるので、クライエントも勝手にリラックスするようになります。


ヒーラーとしての能力がアップするだけでなく、チャンスを見逃さず掴み取る能力もアップしますので、人生も変わります。


やる気満々でヒーリングを楽しまれている女性ヒーラーさんからのフィードバックです。


こんばんわ。 今日もありがとうございました(*^_^*)

手の感覚は繊細になり、 ぬきたま しても今までになく、抜き取れてる感じが、身体にあって。


「ぬきたま」とは、人や物の気の情報を球状にイメージ変換して、状態をチェックしたり、ヒーリングをするための基礎技術です(はじめてのヒーリング講座 で伝授しています)


その「抜き取れてる感じ」のリアル感を大切にしてください。ちゃんとできています。

ただ、取り出したエネルギー体の確認、チェックが不得手なので、今日も何回も 金運のエネルギー体の状態を感じようと していましたが、 はっきりした境界線などわからないのでした。


はっきりした境界は、はじめは自分で設定してしまいましょう。


しばらくすると脳がその感覚を覚えてくれるので、何を「抜き球」しても境界線がハッキリするようになります。


(まれに元々境界線がハッキリしないものもありますが、それが判別できるようになれば、上級の仲間入りですね。たとえば関係性のチェックで、馴れ合い、談合、共依存があったりすると境界が曖昧なことがあります。)


境界設定の練習方法ですが、手と目の感度アップ 補講その2 練習方法 の練習方法1を参考にして、枕やクッションなどを10センチくらいの大きさに縮小して「抜き球」し、「気の球」の境界線をハッキリさせてみてください。パントマイムです。


あとはその感覚の応用です。


慣れたら脳が勝手にやってくれるようになりますので、まずは練習で慣れましょう。


なんとなく、これかな?くらいがやっとで。


今まではずっと、わからなくても困るわけじゃないから、と飛ばしてきてましたが、 今回、○○で東京にいき、出逢った人たちとの交流の中で、抜き出したエネルギーの状態を感じる、確認することが今後の自分のテーマだと思って帰りました。

そしたら今回、たかしくんからこういう機会を頂きまして 感謝しています。ありがとうございます。

追伸です(*^_^*)

目 瞳 ホントに広く見開きます。

普段でも、目がくりくり 大きいのですが、さきほどから ますます。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

焦らず色々なエネルギー体の感覚を確認できるようにやってみます。


目はそれほど見開かなくても、ボンヤリ見ていれば充分です。


実は目を瞑っていても、後ろを向いていても、気感(気の球)は見えます。


ただ、内的イメージに入り過ぎないようにするために、目の前にあるものをただ見る、ちゃんと見る、ように技術が仕掛けてあります(そのせいで、目の開き方や、ものの見え方、視力が変わったように感じる方もいらっしゃいます)。


そのような技術が仕掛けてある理由は大きく二つあります。


一つ目は、チェックで内的イメージにはまり込み過ぎると、現実との接点が失われて、本当の妄想になってしまう可能性があるためです。


二つ目は(実は一つ目と同じことなのですが)、人のヒーリングの際に目を瞑ってしまうと、内的世界に入り込みすぎて、クライエントの臨場感世界にのっとられてしまう危険性があるのです。


目をちゃんと開けて、(相手の幻想世界ではなく)、リアルな「今ここ」を確認しつつ、ヒーラーとクライエントのゴールに、意識の中心を定めることが重要です。


そこで目や意識を、外的世界や未来にもバランスよく向けられるように働きかけています。


話がそれましたが、好きなだけ練習すれば、ハッキリ分かるようになるまでそう時間はかかりません。


一度感覚をつかめれば、いくらでも伸ばしていけますから、どうぞ楽しみながら習得してくださいね。


渡辺高史


【技術伝授】手と目の感度アップ。 気をもっとリアルに触る。見る。

自分と現実を変えるには、一段高い意識の次元から気を流すこと。

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


手と目の感度アップ骨髄ヒーリング を受けていただいた、ピアノ講師でもある女性ヒーラーさんからのフィードバックです。


今ちょっと反動かも? 朝寝、お昼寝、夕寝など、眠くなってしまう事が多いです。


ちょうど落ち込んでいる時に送って頂いて少しハイになっていたのかな? という感じがします。


僕もまとめてモニターの方にお送りしてから、結構眠けが来ています。


深くヒーリングが作用すると、一時的に眠くなる時期が続くこともあります。よい兆候ですので、眠くなるくらいのリラックス度で、生活してみてください。


ヒーリングで眠くなる場合、日ごろの疲れに無自覚だったり、睡眠不足だったりすることが多いので、日ごろ生活リズムの乱れを、無理のないものに戻すチャンスでもあります。


眠くなるくらいのリラックス度で昼間生活していると、夜の睡眠時間が深くて短くなる場合もあります。


3歩進んで2歩さがるじゃないですが、 チョロQみたいに進む前に1度後ろへ引っ張るみたいな感じかな? って勝手に思っています。

エネは手の感覚や出力も上がっていると思いますが、 いろんな所で、白や紫や青色の チカッと一瞬小さく光る光をよく見るようになりました。


あと、間のエネを取ると、すこしイメージが(爽やかなイメージやダークなイメージ) 湧いてくるようになりました。

またいろいろエネ使ってみてご報告します。



「間のエネ」とは、関係性の「気の球」のことです。


人と人、人と物、人と組織、など関係の生まれるものの間には、関係性があります。よい関係、悪い関係、腐れ縁、無縁、などといったものです。


その関係性の状態を「気の球」として手にとって、気(ヒーリング)を送ることで、その関係性に働きかけることができます。


○○さんは、ピアノをやっているから、共感覚を開発しやすい素質があるのでしょう(譜面を見て、音や雰囲気や、動きを全部感じて、すぐに表現するわけですし)

手と目の感度アップ においては、気のチェック能力は、実はオマケです。


それより大事なのは、ピアノ演奏で言えば、曲の雰囲気を変えることです。 結果が変わることのほうが重要です。

ピアノ教えていれば分かると思いますが、「今の演奏はぎこちないので、もっと滑らかに」って思ったりしますよね?

ぎこちなさが分かる、というのが感度の高さとチェック能力ですが、それって、もっと滑らかにできる、ということとセットで初めて意味をなしますよね?それと一緒です。

「こんな音を出す」「こんな雰囲気を出す」という演奏の理想イメージってあるじゃないですか?

そうなるために、現在の状態を感度よく感知するわけですし、未来の望む状態もまたリアルにイメージ・体感するわけです。

その時大事なのが、未来の望む状態のリアルなイメージの方なのです。


それがないと、現在の状態がどうであっても、望む未来に近づいているのかどうか?、ということの判断ができないからです。(チェックのしようがないし、チェックをしても意味がない)。

手と目の感度アップ は実は、その未来の状態をリアルにイメージ・体感できるようになるためにこそ使う、という目的があるんですね。


ピアノをやっていない方も、この説明を「自分の慣れた分野」で応用してみてください。


建築関係であれば、土台や柱や耐震性能のイメージに置き換えながら、理想の建築物と比較するイメージもいいでしょう。


料理であれば、おいしい出来上がりをイメージしながら、もう少し甘く、もう少ししょうゆを、といった具合するのと同じです。


たとえがすごく上手で、とてもわかりやすいです。ありがとうございます。


エネルギーを使うにあたって、あまり何も考えていないため、あまり疑問がないというか、いつも適当に使っている感じだったのですが・・・

> 大事なのは、演奏で言えば、曲の雰囲気を変えることです。


の件とってもイメージしやすくて、なるほどexclamation ×2って思いました。


正しく弾けている演奏でも、魅力のある演奏かどうかは別ですもんね。

音楽を感じてる子の音と感じてない子の音ってぜんぜん違いますよね。


エネルギーの雰囲気をよく感じる事が大切ってことですか?


はい、それに尽きます。


エネルギー(気・気感)とは、雰囲気を五感に翻訳して感じているもののことですから。 雰囲気っていうのが一番豊かなエネルギー(気・気感)です。


ただ雰囲気という一言だと曖昧すぎるので、ワインテイスターみたいに「渋みがある」「寝ぼけている」「土の香りがする」などと五感で豊かに表現するわけです。


それが、エネ感覚(気感)です。

音楽の表現記号と同じですよ。エスプレッシーボとかカンタービレとかって、雰囲気とか「こんな感じ!」以外では表現しようがないですよね。 雰囲気に名前がついているわけです。

それを生徒さんに伝える時、どうしていますか?

こんな感じ、って、その雰囲気をやってみせるのではないでしょうか? 指揮者であれば、それを身振り手振りでも表現して指示しますよね。


すると、雰囲気とその名称が意識の中でセットになりますから、次からは名称を思い出すだけで、その雰囲気にアクセスできるわけです。


ヒーリングも実はそれと同じで、たとえば「リラックスってこんな感じ」という雰囲気を、そのままダイレクトに伝えることなんです(言葉や名称や動きを介さずに)。


臨場感たっぷりに感じていると、それは相手に伝わって、相手も同調します。


エネチェックの感覚をつかむ場合、○○さんでしたら音楽のプロですから、抜き球するたびに、このエネは表現記号ならこれ、あのエネはハ長調のこの和音、あの人はこんな不協和音、などと思いつくままにリンクさせて遊んでみると、上達が早いかもしれませんね。


抜き球:対象の気の情報を、球状にイメージ変換して操作する気功・ヒーリングの基礎技術(はじめてのヒーリング講座 で伝授しています)。


ヒーリングの実際では、ここの硬い筋肉をほぐすには、fffでアレグロヴィバーチェとか、リラックスするときは、音量はmpでテンポは54くらい、もしくはアンダンテカンタービレで、とか。

そうやって遊びながら、気の球の感触と音楽を結びつけているうちに、抜き球してチェックする時に、和音や曲が浮かぶようになっていきます(もちろんはじめのうちは、意識的にやる必要があります)。


そして、自分の望む未来のイメージを豊かにするためにも使えます。たとえば自分の最高のパートナーはこんな音、結婚生活はこんな曲、なんてふうに。

そのリアル感(臨場感)に、気(ヒーリング)を流すと、実現がかなり加速します。


自分がなりたい理想に近い人のエネ体を抜いて味わったりするのもいいですか?


どんな味わいがするでしょうか? 是非味わってみてください。 もちろん味わいだけじゃなくて、雰囲気とか、見た目とか、声の調子とか、五感全てで豊かにね。


そして、それになりきってみてください。いろんな人のいいところだけを抽出して、ミックスしてなりきると、なおいいと思います。


エネを使う時、『よく自分の思いを入れるな、なんも考えずにエネルギーに任せろ』 と言われるのですが、 雰囲気を変える事は、自分の思いを入れる事とはまたちょっと違いますか?


エネ(気)と雰囲気が同じことなのは説明の通りです。


なりたい自分になること、生きたい人生を活きることが、エネ(気功・ヒーリング)を使い始めた目的でしょうから、自分の思いはどんどん入れたいですよね。


ゴールは自分の思いだらけであってこそ、自分のゴールです。


そのよく言われることの意味は、「どうやってそのゴールに至るかを考えなくていい」という意味ですね。


考えると、過去と現状のやり方を踏襲して、過去や現状がさらに強化されてしまう可能性が高まるためです。


ただし、物事の仕組みを好奇心を持って知っていくことは大切です。


身体の調整なら、身体の仕組み。ピアノなら音楽の流れや、演奏会の流れなどです。


理想の未来の雰囲気のイメージをする意識も、物事の仕組みを理解する意識も、どちらも現状より一段高い次元の意識です。


その意識の次元から気を流すと、自分も含め現実が変わり始めます。


さて、○○さんとのこの一連のやり取りをまとめて紹介したいのですが、いいですか?

よろしくお願いいたします。


こんにちは。


いつも的確なメッセージをありがとうございます。


よかったら、是非紹介してくださいね。


私にとっては、すごくヒントになりました♫

幸せなイメージの曲の雰囲気などを取り入れたり、何か自分のわかりやすい方法がみつかるかも、と思います。


また、ご報告させていただきますね。


楽しみにお待ちしています。


渡辺高史


【技術伝授】手と目の感度アップ。 気をもっとリアルに触る。見る。

【施術・技術伝授】骨の髄から全身をゆるめ活性化する 骨髄ヒーリング

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。