プロフィール

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史

Author:あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求める情報が明らかに向こうから来てます(笑) 【夢をかなえるヒーリング講座 報告】

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

【夢をかなえるヒーリング講座】を受講されたTさんからの2通目のご報告です。

受講後1ヵ月での変化をご報告いたします。

まずメインで教えていただいたエネルギーを見る事に関して。

薄っすらとですがエネ球との境がわかるようになりました。エネ球の部分が蜃気楼じみた極薄のフィルターをかけたような感じです。

剣道で言う「遠山の目付け」 ”一点を凝視せず、遠い山を見るように相手の体、全体を視野に入れる” というやり方で、焦点を合わせずに空間をぼんやり視ることで辛うじて判りました。

ただ周囲に動くものがあったり、自分が動いて周囲の景色が変わったりすると、無意識にそちらへ焦点を合わせようとするため、集中できる状態でなければ上手く見えないのが現状です。

もっとも未だ共感覚の訓練が本格的ではない段階でのことですので、これを取っ掛かりにして練習を進められそうです。

もしかしたら視覚に関してはソフトフォーカスから練習すると判り易いのかもしれません。

メールを書きながら、目の先から物差しが出ているとイメージしてエネ体(気の球)を掻き混ぜるという実験を試しました。

手の間に創ったエネ球に限っては、視線で回せるようです。

攪拌されるエネルギーが掌をくすぐるような感触がハッキリとあります。これも面白い練習ができそうで楽しみです。

ヒーリングに関しては、エネルギーを使うことに対する考え方が変わりました。

エネルギーを扱うことを、もっと自由に気楽に、手足を動かすのと同様に、さも当たり前のようにやっていいし、逆に言えばエネルギーは、その程度のイメージで十分に働くということが、知識としては知っていましたが、改めて腑に落ちた感じです。

これがただ文章で読むことと、直に話をすることの違いでしょうか。

それでメンタルブロックでも外れたのか、僅かに効力が上がったような気もします。

他にも、渡辺さんが歯医者でドリルから気を出す設定をして、痛みを軽減したお話を伺ったことをきっかけにやってみたことがあります。

「自分以外のどの物体から気が出てもいいし、むしろ周り全てから気が出ているようにすれば気持ちがいいかも。」と。

そのように教わった時私は、「ドラゴンボールZの元気玉みたいだな…」と思い、早速やってみました。

例えば電車に乗っている時に頭の中で「車内の皆、少しずつでいい、オラに元気を分けてくれ!」と孫悟空のセリフを叫びます(笑)。

すると先ほどより首が良く回り、肩が動かしやすくなり、身体が少しだけ軽くなります。これはちょっと楽しい体験です。

しかし残念なことに元気玉と呼べるほどの劇的効果には程遠いということ。

もっと大きな地球規模で元気を集めるイメージなら変わるのか、それとも…。もう少し考えて遊んでみようかなと思います。

それ以外の変化についてですが、意識にも変化が出ているようです。

要る物と要らない物、ホントに欲しい物とよく考えればそうでもない物。行くべき機会か行かずともよい機会か等々、無駄を出さずに必要を得るための思考や判断がやり易く、速くなってきている感じです。

ただ元々思慮深いが優柔不断な性格であるため、他の人より迅速確実になったというわけではないですが。

求める情報を得やすくなっているようでもあります。単に気付きやすくなったからそう感じるというのではなく、明らかに向こうから来てます(笑)

もっとも、先月の対面セッションを受けたこと自体が既にその流れの一部であり、「前から興味のあった内容を近くで受けられる機会がキタッ!これは行くべきか!?」と思い即決したわけでして。

こういったことが12月中旬以降から少し現れやすくなってきたかな、という実感があります。ある意味一番大きい変化といっていいと思います。

思ったより長くなって、時間も掛かってしまいました…。

頭がクタクタです(笑)これでも無駄を削ったつもりなので今回は以上ですが、、文章を纏めるのは難しいですね。

ブログに自分の体験談が掲載されるのは思いのほか恥ずかしかったですが、受講を迷っている方のために、よろしければ今回の報告もご活用くださいませ。

大変丁寧なフィードバックをありがとうございます。

メールを書きながら頭がクタクタになったとのことですが、そうしてでもご自身でフィードバックを書かれることで、さらに変化が進みます。

再認識することで、現実がゆらぐためです。これがヒーリングのエッセンスです。

現実とは外側に存在するのではなく、脳内で認識されたこと以外にありません。

ですから、体感や記憶を言葉に置き換えようとするだけで、現実がゆらいで、さらに変化していくのです。

その調子で、さらにその先のすごい未来を思い描いていくと、さらに自動的に進むようになります。

流れに乗っておられると思いますので、興味の湧いたこと、楽しそうなことをドンドン試してみてください^^。

ソフトフォーカスを意識的に導入するというのは、まさにその通りです(ソフト・フォーカスとは、焦点をあわせず、周辺全体をボンヤリと眺めること)。

ただ周囲に動くものがあったり、自分が動いて周囲の景色が変わったりすると、無意識にそちらへ焦点を合わせようとするため、

については、すでにやっておられるかもしれませんが…

街中を歩く時などに、ともかくリラックスしてソフト・フォーカスで、すべての人の動きを同時にそのまま眺め、すべての音を発信場所からそのまま聴きます。

その視覚と聴覚の動きの流れを、すべて同時処理すると、パラレル・プロセシング(超並列処理)能力にスイッチが入りやすくなります。

意識的に全部感じて処理するのではなく、全てをただ同時に体験するように、力を抜きます。

膨大な量の動く情報を同時に処理すること(超並列処理)は、実は、脳と身体が本来一番喜ぶことなので、うまくいくと、とても気持ちがよくて、いわゆるゾーンに入れます。

時間感覚が変わり、動的な瞑想状態に入れます。 リラックスが重要なので、息を吐くたびに、ドンドン身体と目の力を抜いていきます。

私は、田舎に住んでいるので、山の木々が風に揺らめくのを見て聴いてやっていますが、東京に出るたびに、街中で意識するようにしています。

この状態で、理想の未来を思い描くと、かなり叶いやすくなりますよ。

【元気球の作り方】

元気球は、まずは大好きな人、一緒にいてエネルギーをもらえる人を想像したり、過去のポジティブな体験を思い出しながら、それと同じ気が周囲から出ている、と想像すると、取っ掛かりやすいでしょう。

元気球は、毎回作るたびに少しずつパワーアップさせてみてください。

一気にはできなくても、1割り増しを続けていると、そのうち2倍にも5倍にもなり、そのうち自由にパワーや大きさを調節できるようになります。

僕の場合、好きなタイプの女性や、楽しかった記憶、お腹がすいたときに食べたくなる食べ物のイメージなども、とても良い元気球になりますね。

こちらも向こうを好いていて、向こうもこちらを好いている、という相思相愛が体感イメージできると、かなり楽しい体験ができますよ。

いろいろお試しになって、是非またご報告ください。お待ちしています。

渡辺高史

~☆~ 人気ナンバーワン講座 ~☆~
かなえたい夢がある!解決したい悩みがある!
本気で変わりたい人に、お勧めします。
【夢をかなえるヒーリング講座】

スポンサーサイト

望む現実を作り出す強力なアファメーション

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

バシャール(ダリル・アンカ)がいいこと言ってた。

これのアファメーションを唱えると、僕はかなり落ち着きます。

Circumstances don't matter.Only my state of being matters.

(訳)状況が問題なのではない。私のあり方だけが重要なのだ。

(別訳)状況が物事を現象化させるのではない。私のあり方だけが、物事を現象化させるのだ。

(別意訳)状況が私のあり方を左右するのではない。私のあり方が状況を変えるのだ。




このアファメーションが、しっくりこない方がいるであろうことも分かります。

僕もかつてはそうでした。

そんな時は、このアファメーションを唱えた時に感じる違和感を、否定せず、判断せず、変えようとせず、リラックスしたまま、ただただ感じ続けながら、観察してみてください。

思考や感情や身体やに起こる反応を全てそのまま感じ続けながら、じっくり観察するのです。リラックスして。

そして、頻繁にアファメーションに戻り、また反応を感じ、観察します。


しばらく期間がかかる場合もありますが、リラックスしながら、違和感や緊張感を感じつくし、観察しつくすと、だんだん、違和感や緊張感が自然になくなっていきます。

リラックスの方法は、こちらで紹介しています。

24時間、いつでもどこでもできるリラックス方法

こちらの関連動画もお勧めです。

「いつも始めは何も変わっていないように見えるのです。しかし今までと同じに見えるのはエコー(なごり)なのです。」



一人でやりにくい場合、きつい場合には、私の個人セッションでもサポートができます。

渡辺高史

上達と達成の早道は、すぐに始めてしまうことです。

夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


ヒーリングにせよ、仕事にせよ、勉強にせよ、技術習得にせよ、なんでも同じです。


上達の早道は、完璧になるまで準備をするのではなく、まずやり始めてしまうことです。


本を読み返したり、仲間や先輩や先生にあったり質問したりするのであれば、それより先にまず、自分なりに覚えている限りの知識と技術で、自分のテーマに実践的に取り組みながらすることです。


やっているうちに、「次はこうしよう」というアイディアがでる場合もありますので、それを試しながらとにかく回数をこなします。


実践しながら再度本を読み返したり、人に尋ねると、当初よく理解できなかったことが、「ああ、そう考えて、そうすればいいのか!」と腑に落ちるようになります。


なぜこういうことが起こるかと言えば、実践しないと、そのテーマに関する実践的な重要事項が認識できないことがあるからです。


やる前から何が重要かを全て理解・納得することはできない時、いくら勉強しても認識することすらできずスルーしてしまいます。これを、スコトーマ(心理的盲点)がある、と表現します。


全てを理解しなくても、ゴールを持って実践し始めましょう。


すると実践的重要事項に関するスコトーマが外れ始めます。

簡単に言えば「これができるようになりたい!」「もっとわかりたい!」「これをこうしたい!」というwant to(したい)が活性化されます。


ただし、それがそもそも本当にやりたいことであれば、です。have to(やらねば)で始めている場合は、スコトーマはさらに強化され、重要なことを不思議なくらい見逃すようになります。


スコトーマが外れ始めているけれど、まだ外れきっていない時には、違和感や不満足感を感じることもあります。それは、あたかも奥歯に物が詰まったような表現しかできないようなものであることがほとんどです。


それを冷静に、整理して、どんなことを知りたいか、どんなゴールに向かいたいか、を再確認します。


その状態で、さらに実践したり、もう一度勉強したり、人に会ったりすると、「発見!」とも言える学びがあります。 


認知的不協和を埋めようと、創造的無意識が焦点を絞って、猛烈に検索を始めてくれるからです。


※認知的不協和:現状とゴールが程遠い時に感じる違和感


これが本の読み方のコツでもあり、物事の習得のコツでもあり、願望達成のコツでもあり、ヒーリング実践のコツでもあります。


どんな仕事でも、勉強でも、技術でも同じでしょうから、まずはやり始めてしまいましょう。


「まだ知らないこと」の重要性を、実践によって先に高めてしまうのです。


ヒーラー志望であれば、すぐに有料でセッションを始めることです。やりたいことを必死にやると、どんどん楽しくなります。


いつも「まず始めている人」は、この記事の意味がわかるでしょう。よく分からない人は、まず始めてみてください。すぐにその意味が分かるようになります。



渡辺高史






何か絶対的なエネルギーが流れて、治るわけじゃない

夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。
すべての物理的存在や情報的概念は、本来「空(くう)」であり、有にも無にもなります。縁起の中で仮和合した機能発揮体です。

気も気功技術も、気功師もクライエントの状態も、すべて、関係性(縁起)の中でのみ成立する特定の機能発揮状態です。
その意味するところは、絶対的な何か(神、完全情報、根源、超越的なエネルギー・・・)というのは実在しない、ということです。

確かに「絶対的な何か」の概念が救いの機能を発揮した時代も状況もありましたが、もう時代遅れです。
科学的思考の進まない時代のせめてもの慰めであったに過ぎません。

現代においては、「絶対的な何か」があると思うことで救われると妄想する人の情報空間においてのみ、物語として機能します。
その意味は、それが強く信じられ受け入れられているとき、絶大なヒーリング効果を発揮する、ということです。

がしかし、その一方で、神、魂、輪廻、絶対的な何らかのエネルギー、などどいう一連の物語に、クライエントもヒーラーも完全支配されているがゆえに、双方とも苦しむことになり治せない、治らない、ということも起こっています。

何か絶対的なエネルギーが流れて、治るわけじゃない。

神も魂も輪廻も、古い物語です。

古い物語を手放して、代わりに最新の説明原理を理解して、自分の望む未来を選ぶことです。

その未来の選択によって、空(くう)から気が発生し、機能を発揮する形を取り始めます。

これが、色不異無、無不異色、色即是無 無即是色 空包摂色 空包摂無、ということ。(苫米地英人氏による添削版般若心経)

そして、これを妨げるあらゆる知識に気付き、手放すこと。

これを理解することが、ヒーリングやコーチングをするうえで、最も重要だと考えています。

IQアップ・ストレス解消・人間関係改善・スタイル改善の究極の呼吸法

夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


ヒーリングとは、リラックスすること、と言ってもいいくらい、リラックスは大切です。


そのリラックスが苦手な方や、全く意識したことがない方もいらっしゃるようなので、コツをお伝えしておきたいと思います。


リラックスのコツがつかめると、単に心身が休まってストレス解消になるだけでなく、IQアップ、速読力・理解力のアップ、人間関係の改善、スタイルがよくなる、など、人生全般がよくなっていきますよ。


■■リラックスの原理■■


リラックスの原理は、【筋肉をリラックス】させることです。


筋肉がゆるめば、神経も思考も気分もゆるむのです。筋肉がゆるむと、その人本来の脳力が発揮しやすくなります。


では早速、全身の筋肉をゆるめるための、シンプルでパワフルなコツにいきましょう。


■■筋肉をリラックスさせるシンプル&パワフルなコツ■■


それは、息を吐きながら、力を抜くことです。


 【息を吐く時にゆるめる】


吸う時は気にしない。


このシンプルな呼吸法を続けていると、全身がだら~~んとして、重みを感じるようになってきます。


しばらく続けていると、吐く時にお腹が膨らむ「逆腹式呼吸」に自然に移行します。

 【息を吐く時にゆるめる】


それだけです。


たったそれだけなのですが、リラックスに慣れていない人は、それだけではやりにくい場合があるので、さらにそのコツをお伝えしていきましょう。


■パーツパーツに分けて順番にゆるめていく


身体をパーツにわけ、1パートにつき1~3呼吸で吐きながらゆるめます。息を吐く時に、その部分を「だら~ん」「とろ~ん」とさせていきます。


【沈み込んでいくような重み】が出てくると思います。


頭(1~3呼吸)、首(1~3呼吸)、肩(1~3呼吸)

腕(1~3呼吸)、手(1~3呼吸)、胸(1~3呼吸)

腹(1~3呼吸)、背中(1~3呼吸)、腰(1~3呼吸)

足(1~3呼吸)・・・


といった具合です。せっかくですから、早速今ここで、やってみてください。


■さらなる【奥義】


これでもリラックス感が分かりにくい人のための【奥義】もお教えしましょう。そんな人は、特に【頭部】のリラックスが重要なんです。


リラックスが苦手な人、頑張りやさんな人は、頭の筋肉に力が入っていて、脳が休まっていないんですね。


なので、頭部を5本指で軽くトントントントンとたたきながら、意識的にゆるめます。


 1)目の周り一帯や眉間

 2)こめかみ周辺

 3)耳の上の側頭部一帯

 4)顔の横側(顎関節からあご先にかけて)

 5)口角のあたり


「ゆるんでいいよ~」「誰も見てないよ~」と言いながらゆるめます。


 6)口をポカンと開き

 7)目の力もぬいて、トロ~~ンとした目になるのが目安です。


だらしない顔になりましょう。これらがうまくできると、それだけで考え事ができなくなります。(呼吸は鼻で続けます。口呼吸を続けると喉をいためる可能性があります)


感触をつかんだら、顔の力を抜いたまま、目と口を軽く閉じます。そして「息を吐きながら力を抜く」を意識してしばらく、瞑想を続けてもよいでしょう。


普段の生活においては、仕事や日常生活ができる、ギリギリ限界のリラックスを、いつも探ってみてください。


慣れてくると、たくさんのことを俯瞰的・並列的に考えられるようになるので、IQがアップします


■もっともリラックスする姿勢


この呼吸法を続けて、リラックスが深まると、自然に腰の反りがなくなり、猫背ぎみになり、肩が前に少し出ます。


重心も少し後ろに移動します(立っていても座っていても)。


これらは、意図的にやろうとする必要はありません。


理想的にゆるみ始めると、自然にそうなりますので、それに逆らわないようにしましょう。リラックスが深まっている証拠です。


目線は、おでこの中心を通って、上方の遠くを向きます(目を瞑っていても、開いていても)。そして自然に、目元と口元で微笑みます。


この姿勢ですと、IQも高まりますし、女性であれば、バストアップします。


■しばらくはゆるめることだけをやる


しばらくの期間、このようにリラックスすることだけをやっていると、数回息を吐くだけで、全身と思考が休まるようになります。すると、短時間でゆっくり休めます。


習慣にすれば、脳力もアップしますし、疲れにくくなり、元気もでます。


■いつやったらいいか


いつでもどこでもできますので、24時間やることを目指しましょう。


といっても、やってみればわかりますが、決して難しい修行ではありません。


しばらくこの呼吸法を意識していると、普段の呼吸のしかたが、自動的にこれになります。


そうなるまで、2~3週間は、暇さえあれば、意識してみましょう。慣れてくれば、どんどんやりやすくなります。


瞑想をする方は、瞑想しながら続けると、瞑想が深まりますし、勉強中や仕事中にやれば、集中力・理解力・対人関係能力もアップします。


遠隔ヒーリングを受ける時に意識するのも効果的です。


24時間、無意識にこの呼吸ができるようになれば達人です。


 【息を吐く時にゆるめる】


たったそれだけですので、是非続けてみてください。


気の球とは何か?(改訂版)

夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。


【はじめてのヒーリング講座】 では、「気の球」の作り方を気功(ヒーリング)の基礎として伝授しています。


「気の球」を感じ、自由自在に作れることは、ヒーリングのトレーニングと実務で、とても役に立ちます。


■気の球とは何か?


「気の球」とは何かといえば、共感覚を使って作られたイメージ状の球体です。


共感覚とは、色や見た目を触り心地として認識したり、音を光として認識したりすることです。いわば脳の認識エラーです。


その脳の認識エラー(共感覚)を積極的に活用すると、気の感知能力が豊かになり、またと操作が容易になります。


気の球で、触り心地や色形として変換(置き換え)されている元は、何かといえば、対象の情報や機能の状態です。


身体のヒーリングであれば、たとえば筋肉の機能状態に関する情報を、いろんな五感に置き換えます(柔らかい、透明、透き通っているなど)。


夢をかなえるヒーリング であれば、夢の臨場感を豊かにします。


共感覚能力を磨くと、情報空間(イメージや言語の世界)が豊かになりコントロールしやすくなりますので、ヒーリングや催眠、願望達成、はたまた洗脳までがうまくできるようになります。


これは、自分に対しても他人に対しても同様ですが、まずは自分の情報空間を自由に操れるようになることです。


まとめると、「気の球」とは、対象の機能や情報を、共感覚を使って五感に置き換えたもの、と言えます。


通常「気の球」は、手の平で感じますので、主に触覚と視覚を使って認識します。


もちろん扱いやすい得意な五感に置き換えることからスタートするのが上達しやすいので、音や音楽に置き換えても、味や匂いに置き換えてもOKです。


どの五感を使うにせよ【気の球】の目的は、【情報や機能】を五感に置き換えて読み取り、書き換えることです。


■情報の読み取り(触覚の場合)


たとえば、ある人の【情報や機能】を触覚的に置き換えて認識してみたら、ピリピリした感触があったとします。


そのピリピリ感を、相手の心身の状態と照合していく経験を重ねると、ストレス状態であることが多いということが分かったりします。


逆に、やわらかくて温かい「気の球」を作って、冷えている身体や心に入れてあげると、その「気の球」の【情報や機能】が作用して、実際にその部位が、やわらかく温かくなります。


相手の【情報や機能】の状態を、触覚的に読み取っていく場合、形、温度、固さやわらかさ、動き、なめらかさ、などの触覚情報に置き換えをして読み取っていくことになります。


せっかくですので、そのやり方を説明しておきます。


「形は?」「温度は?」「固さは?」「動きは?」などと質問を投げかけます。すると瞬間的に、何となくフィット感のある形や温度や動きが感じられます。


あまりに瞬間的に置き換えが起こりますので、感じ逃してしまったり、思い込みではないかと、振り払ったりしてしまうのですが、第一インスピレーションを大切にして、実際の相手の状態と付き合わせて確認する作業を繰り返しましょう。


うまく思い浮かばないときは、日ごろ五感を意識に上げていない可能性が非常に高いので、まずそこから練習します。

手と目の感度アップ 補講その2 練習方法パート1


そうしているうちに、自分の置き換えが信頼の置けるものであることが確認できるようになります。


【はじめてのヒーリング講座】【個別ヒーリング・レッスン】 では、これらの練習を私(渡辺高史)がついて行いますので、確実に確認できます)


■情報の書き換え(触覚の場合)

 
読み取りとは逆に、【情報や機能】の書き換え(ヒーリング)をする場合には、有益な【情報や機能】を作って、それを触覚的な「気の塊(かたまり)」に置き換えて伝え返すことになります。


たとえば、やわらかくてゆったりした動きの「気の球」を作って送れば、リラックスしますし、涼しくて超きめ細やかな「気の球」を脳に送れば、集中力やIQがアップします。(これらは、ごく大雑把なやり方なので、もっと高度な【情報と機能】をもった「気の球」を作ることは可能です)


これらのことから、「気」や「気の球」とは、実体があるようでない幻(まぼろし)のようでありながら、情報であり機能を発揮するものである、ということが分かるようになります。


■他の五感を使う


【情報や機能】を「視覚」に置き換えれば、それが「気が見えている状態」です。


【技術伝授】手と目の感度アップ では、触覚と視覚の感度がアップした状態を伝授しますので、習得が超加速します。)


聴覚・嗅覚・味覚・言語・数式への置き換えも仕組みは同じです。


■まとめ:「気の球」の目的は、


1)クライエントさんなどの【情報や機能】を「気の球」として五感の組み合わせで置き換えて読み取ったり


2)別の「気の球」を五感の組み合わせで作って伝達して【情報や機能】を書き換えること


さらに施術者自身の【情報や機能】や、施術をしている場の雰囲気の【情報や機能】まで意識して書き換えると、より高度で快適なヒーリングができるようになります。


追伸:あっ、大事なことを言うのを忘れていました。


どれくらい大事かと言えば、それを踏まえないと、この記事の情報がかえって害になることすらあるくらい大事なことです。


長くなりそうなので、続きは準備でき次第リンクを張ります。


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。