プロフィール

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史

Author:あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想・ヒーリングの決定的弱点 その1

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

ヒーリングやスピリチュアルに興味のある方は、瞑想にも興味をもたれることが多いようです。

瞑想が心と身体の健康に役に立つということは、多くの研究によって明らかにされてきていることです。

瞑想で、脳波がアルファー波やシータ波になると、潜在意識にアクセスして、潜在能力が発揮しやすくなる、とも言われています。

しかし、瞑想に決定的な弱点がある、ということは意外に知られていません。

それは、ヒーリングの弱点にも成りえる部分ですので、シリーズ化してご紹介していきたいと思います。

■何気ない日常の中で繰り返されている人間関係のパターンと感情のパターン

あなたには、誰か憧れる人で、「ああなりたいなあ」「今の自分はまだまだだけど」と思うような人がいますか?

もしくは、誰か嫌いな人で、「ああはなりたくない」「自分はそうじゃないけど」と思うような人がいますか?


まあ誰にでも、そういう憧れの対象となる人、嫌いなタイプの人、というのはいると思います。

何気なく日常の中で繰り返されている「好き・嫌い」は、ストレスとなることもあれば、肥やしとなることもあります。

肥やしになる面の例を言えば・・・

憧れる人を目指してがんばることで、自分をさらに磨いていくこともあるでしょう。

嫌いな人を反面教師として、自分自信を振り返って磨いていくこともあるかもしれません。

逆に、ストレスとなる面を言えば・・・

憧れる人が凄すぎて自分に自信をなくしてしまったり、いつまでもその人に近づくことができないと悩んだり、ということもあるでしょう。

嫌いなタイプの人にあまりにも翻弄されて、平常心を保てなかったり、些細なことが気になってイライラする、なんてこともあるでしょう。

・車の運転中に、他の車にいつもイライラしてしまう
・苦手なタイプの人がいて、生きにくい
・不安症・恐怖症・神経質などの傾向がある
・いつも、同じタイプの人を好きになったり、憧れたりするが、その人に近づけない

なんて形で、経験されている方も多いかもしれません。

簡単に言い換えれば、「他人の言動によって自分の感情が振り回される状態」です。

人として生きていると、多かれ少なかれ、こういった経験はするものでしょう。

■瞑想を続けても解決できない問題がある、という問題

・そういった人間関係のストレスから解放されたい
・些細なことが気になる神経質な自分を変えて、もっとリラックスしていられるようになりたい
・傷つきやすい部分を癒して、もっと自信と平常心を保てるようになりたい

そう思って、瞑想を始められた方も多いでしょう。

確かに、きちんとした瞑想ができると、脳をバランスの取れた深いリラックス状態に導なりますので、ストレスから解放されて、平常心を保ちやすくなるようになります。

しかし。。。。

実は、瞑想を長年続けているのにもかかわらず、家族や職場、友人などとの人間関係の中で、何の変化も得られないで、いつものパターンを繰り返して何の成長もない、ということがありえます。

これは、瞑想などのスピリチュアルな実践にかかわったことがある人なら、誰でも経験しうることなんです。

ヒーリングであれば、一時的に人間関係が悪くなる、という形の好転反応が出る場合もあります。

■なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

主な理由は、人間的な成長・変容というものが、とてもゆっくりしか進まず、なかなか得がたいものである、ということも、もちろんあります。

しかし、何よりも瞑想というシステムには、決定的な弱点が内包されているからなのです。

では、その瞑想の決定的な弱点とは何でしょうか?続きます。(2012/4/20夜公開予定)

渡辺高史

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuhealer.blog.fc2.com/tb.php/136-5b729bd9

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。