プロフィール

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史

Author:あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想・ヒーリングの決定的弱点2 瞑想では何をするのか?

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

瞑想・ヒーリングの決定的弱点 その1の続きです。

■瞑想では何をするのか?その特長

まずは、その【瞑想の弱点】を理解しやすくするために、瞑想では何をするか、瞑想にはどんな特長があるか、について確認しておきましょう。

通常、瞑想においては、すべてを観察し、自分から切り離していく作業をします。

これを「脱・同一化」(Dis-identification/ディス・アイデンティフィケーション)と言います。

この説明を難しいと感じる方は、「瞑想は単に頭を空っぽにしてリラックスすること」くらいに捉えておいても構いません。

できるだけ分かりやすく説明しますので、ついてきてくださいね。

例えば、「私は怒っている」と言う時、「私」=「怒り」という具合に同一化している状態と言えます。

瞑想では、それを、

「私は怒りを感じているが、私は怒りそのものではない」

といったように「私は○○を感じているが、○○ではない」と認識していきます。これが「脱・同一化」ということです。

例えば、怒りであれば、怒りを感じている時、その怒りに浸りきるのではなく、その怒りという感情を、「観察している平静な自分」に気づきます。

そして「意識に上っているもの全て」を「観察の対象物」として認識し、「脱・同一化」していきます(=「私は○○を感じているが、○○ではない」)。

その「観察する」「脱・同一化する」という行為を続けることで、「観察者でいられる自分」を強化して、結果、何ものにも動じない境地を深めていくのが瞑想の重要な目的の一つです。

(最終的には、「観察者の自分が存在する以前の自分は誰か?」というところまでいきますが、ここではこれ以上入り込まないことにします。)

しかし、その「観察する行為」「脱・同一化する行為」が、瞑想の決定的な弱点を生み出し得ます。

続きます(2012/4/22夜公開予定)。

渡辺高史

スポンサーサイト

コメント

1. なるほどです!

瞑想するとき、いろんなことが浮かんで流れていくのですが、それがある時から自分の中で流れているのではなく、自分の外側で流れるような感覚になていました。
もしかすると、これが「○○ではない」というところなのかもしれないですね。

読んでいてとっても面白いです。

2. Re:なるほどです!

>ペットシッター青木さん

まさにその通りですね。

瞑想による脱・同一化ができている状態です。

脱同一化すると楽になれる一方、脱同一化しすぎることにも弊害があるので、どうしたらいいか?というのが、このシリーズの趣旨です。

何事もバランスなんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuhealer.blog.fc2.com/tb.php/137-f9c4867f

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。